🌷

čēéŦąå—験į”ŸãŽæ—Ĩč¨˜ã€‚

ささãŋ肉

 

きぎうぎ夜、帰る時間が遅くãĒりįŋ’æ…ŖãĢしãĻいた勉åŧˇãŒã§ããĒくãĒãŖãĻしぞいぞした。

ãŸã‚æ¯ã˛ã¨ã¤ã¤ã„ãŸã‚‰åŠ›ãŒãŦけぞした。

わたしはわたしらしくやろうãŖãĻæąēめたんだãŖた。

ぞたバã‚ĢãĒことしãĻįŠē回りしãĻたãĒぁ。

1時間垌ぎわたしがæĨŊしめãĻぞすようãĢ。

ぎらぎら

 

劇å›Ŗ四å­ŖぎãƒĒトãƒĢマãƒŧãƒĄã‚¤ãƒ‰ã‚’čĻŗãĻきぞした。

ミãƒĨãƒŧジã‚ĢãƒĢをį”Ÿã§čĻŗるぎは初めãĻで、

いつもは劇やナイブ、教厤ぎ中だãŖたり文化įĨ­ãŽé‹å–ļだãŖたり、čŖå´ã‚„隅が気ãĢãĒãŖãĻãĒかãĒかせかいãĢå…ĨりこむことができãĒかãŖたけお、劇å›Ŗ四å­Ŗはå¤ĸ中ãĢãĒãŖãĻしぞいぞしたâ€Ļ。

ぞたčĻŗたい。

あたらしいせかいをįŸĨãŖãĻč‡Ē分ぎ小ささを攚めãĻ感じることができたし、ぞだぞだč‡Ē分ãĢはäŧ¸ãŗしろがあると気ãĨけたぎでåŦ‰ã—いです。

ぞだãĩわãĩわしãĻいるけお明æ—ĨからやることいãŖãąã„ãĒぎで寝たいと思いぞす。

 

 

ãƒĒフãƒŦイãƒŗ

 

éĢĒを切りぞした。

20ã‚ģãƒŗチも切ãŖたぎãĢあぞり気ãĨかれãĒい。

あたぞがčģŊくãĒãŖãĻéĻ–ぎこりがやわらぎぞした。

すごくįœ ã„けお、äģŠãžã§ãŽį”˜ãˆã‚“ãŧうãĒわたしとさよãĒらしãĻがんばりぞす。

 

 

į¨Žčžŧãŋ

 

åĄžãŽéĸčĢ‡ã§äģŠãŽæ˛šįĩĩではだめだīŧã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻしぞいぞした。

わかãŖãĻたもんãƒŧ。

もうæœŦ気ãĢãĒらãĒいといけãĒいんだと攚めãĻ感じぞした。愛をč˛ĢかãĒきゃ。

ということで卒æĨ­åˆļäŊœã‚‚大嚅ãĢ変更しãĻ愛ãĢæēĸれたäŊœå“ãĢしようと思いぞす。

おãŖãĄãŒã„ã„ãŽã‹ãŖãĻãĩらãĩら悊んでる時間はもうãĒいぎでįŠæĨĩįš„ãĢčŠĻしãĻいきたいです。

æąē意をåŋ˜ã‚ŒãĒいようãĢ書きį•™ã‚ãĻいぞす、äģŠã€‚

キãƒŦッキãƒŦぎおんãĒãĢãĒるīŧã‚ãŸã—īŧ

 

 

GABA

 

éŦąãĢãĒりそうãĢãĒるとチョã‚ŗãƒŦãƒŧトを大量ãĢ摂取しãĻしぞいぞす。

æ­¯æ­ĸめがきかãĒくãĻ不厉ãĢãĒるけお、頭がį—›ããĻãŧãƒŧãŖとãĒãŖãĻるこぎ感じはåĢŒã˜ã‚ƒãĒいです

 

これからおうしよう。がんばるけお。

 

 

゚ペイãƒŗぎéĻ™ã‚Š

 

最čŋ‘はずãŖとãĩわãĩわでåŖ元がįˇŠã‚“でしぞãŖãĻã€ã‚¯ãƒŠã‚šãƒĄã‚¤ãƒˆã‹ã‚‰ãã‚‚ãĄã‚ã‚‹ã„ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞす。

įĩĩぎčĒŋ子もよくãĻこぎぞぞずãŖã¨ã“ãŽãã‚‚ãĄã§éŽã”ã—ãŸã„ãĒぁと思えぞす。

äģŠãžã§ã“ぎぞぞでいたいだãĒんãĻ思ãŖたことãĒかãŖたぎãĢ。

もãŖと上達したいãĒぁ。

 

 

 

くるくる

 

æ—Ĩ曜æ—ĨãĢすごくうれしいことがありぞした。

思いå‡ēしãĻãĩわãĩã‚ã—ãŸãã‚‚ãĄãĢãĒãŖãĻぞす。

 

 

č‡Ē分だけでãĒく掆おぎäēēがそうだとは思うけれお、äēēã¨čŠąã™ã¨ããĢåĢŒã‚ã‚ŒãĒいようãĢį›¸æ‰‹ãŒåĨŊむキãƒŖナクã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻしぞうことがずãŖと悊ãŋです。

おうしたらį´ į›´ãĢãŠčŠąã—ã§ãã‚‹ã‚“ã ã‚ã†ã€‚