🌷

らくがきしたり、さãŧãŖãĻãŋたり。

įžŽčĄ“

ポイãƒŗト

夏期čŦ›įŋ’がおわりぞした。 はじぞる前よりč‡Ē分はいろんãĒéĸã§æˆé•ˇã§ããŸã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ æĩĒäēēį”Ÿã‚„čŦ›įŋ’äŧšį”ŸãŽįĩĩもčĻ‹ã‚ŒãĻいいįĩŒé¨“ãĢãĒりぞした。 äģŠæ—Ĩæ˛šįĩĩを描いãĻãĻ気ãĨいたぎですが、最čŋ‘、あたぞぎãĒかがわたしワãƒŧãƒĢドãĢãĒãŖãĻ、わたしがわたしで、ãĩわãĩわ〜â€Ļ

é›ˇã•ã‚“

いいことがįļšãã‚ã‘ãĒいだろうīŧã¨ 頭を掴られた気分です。 åŠĒ力はįļ™įļšã•ã›ãĒければ意å‘ŗがありぞせんね。 と、ぞたäģŠæ—ĨもåŊ“たり前ぎことを攚めãĻ感じぞしたâ€Ļ äģŠæ—Ĩは感čĻšã‚’思いå‡ēすæ—ĨだãŖãŸã‚“ã ã¨å‰˛ã‚Šåˆ‡ãŖãĻ、明æ—Ĩからぞたがんばろうと思いぞす。

čˆšé•ˇã•ã‚“

äģŠæ—Ĩはいいことがありぞした。 いいことというか、いいįĩŒé¨“というか。 いいこともあãŖたんですけおね。 かたぞりつつあãŖた意思がぞたãŊろãŊろと崊れ始めãĻきãĻ、あれīŧŸã“れ大丈å¤ĢかãĒīŧŸã¨æ€ã†ã‘れお、į›Žįš„ã¨éĄ˜æœ›ãŒãƒãƒƒã‚­ãƒĒとæŋƒãã¤ã‚ˆããĒãŖたぎで気合いで䚗â€Ļ

į‚Žå¤Šä¸‹

一å­Ļ期がįĩ‚わりぞした。 いろんãĒことがįĩ‚わãŖãĻいãŖãĻしぞãŖãĻ、įĩ‚æœĢ感でいãŖãąã„ã§ã™ã€‚ こぎぞぞ世į•Œã‚‚įĩ‚わるんじゃãĒいかãĒんãĻč€ƒãˆãĻ、ã‚ģãƒŗãƒãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢãĢãĒãŖãĻいぞす。 ã‚ĸãƒĢバイトをį”ŗしčžŧんで、éĸæŽĨぎæ—Ĩ時がæąēぞりぞした。 ã‚ĸãƒĢバイトするぎはもうéŋけâ€Ļ

ãƒĸノクロãƒŧム

1é€ąé–“ãŒįĩ‚ã‚ã‚Šãžã—ãŸã€‚é•ˇã‹ãŖた。 įĢ曜æ—ĨãĢå­Ļæ ĄãĢいけばもう夏äŧ‘ãŋです。 先į”Ÿã¨ãŠčŠąã‚’しãĻやãŖとãƒĸヤãƒĸヤがæļˆãˆãžã—た。 わくわくした悊ãŋでいãŖãąã„ã§ã™ã€‚ わたしらしさを攚めãĻæŽĸしãĻいかãĒã‘ã‚Œã°ã€‚é•ˇã„æ—…ãĢãĒりそうですがč‡Ēį”ąãĢぎんãŗりやãŖãĻãŋようと思â€Ļ

かめさん

更新するぎをåŋ˜ã‚ŒãĻいぞした。 たしか10æ—ĨãĢとãĻもåĢŒãĒことがあãŖた気がする。思いå‡ēすとåĢŒãĒ気分ãĢãĒã‚‹ã‹ã‚‰č€ƒãˆãĒいことãĢしよう。 11æ—Ĩは18æ­ŗぎčĒ•į”Ÿæ—Ĩで、いろんãĒäēēãĢįĨãŖãĻもらえãĻ嚸せでした。åŦ‰ã—い。 ã¯ã‚„ãå…č¨ąã‚’ã¨ãŖãĻあこがれぎクãƒĢマãĢ䚗りたいでâ€Ļ

įž‘æƒŗ

おæ˜ŧはもう永遠ãĢäģŠæ—Ĩがįĩ‚わらãĒいんじゃãĒいかと思うくらいãĢčŊãĄčžŧんでいãĻ、į„ĄåŠ›ã¨ã„ã†ã‹č„ąåŠ›ã¨ã„ã†ã‹ã€é€”æ–šãĢ暎れãĻいたぎですが、äģŠã¯ã‚ã‚Šã¨ã‚šãƒƒã‚­ãƒĒã—ãŸæ°—æŒãĄã§ã™ã€‚ åĄžãŽå…ˆį”Ÿã¨é•ˇã‚ãĢãŠčŠąã‚’ã—ãĻį›ŽãŒčĻšã‚ãŸæ„Ÿã˜ãŒã—ぞす。ありがたい。 最įĩ‚įš„ãĢã¯æ˛šåŊŠâ€Ļ

ãŗりãŗり

ãƒĄãƒŠãƒŧドįžŽčĄ“館とヤマã‚ļキマã‚ļックįžŽčĄ“館、æĸ…æ´Ĩåē¸ä¸€åą•ã€ãã—ãĻ See Saw gallery + hibit ãĢ行ãŖãĻきぞした。 ãŠã“ãŽåą•į¤ēã§ã‚‚č‰¯ã„äŊœå“ãĢå‡ēäŧšãˆãŸãŽã§ã™ãŒã€ãƒĄãƒŠãƒŧドįžŽčĄ“館ãĢはį†Šč°ˇåŽˆä¸€ã‚šãƒšãƒŧ゚があり、マテã‚Ŗ゚やドニ、ãƒĸナãƒŗデã‚ŖもあãŖãĻįĩ‚始į—ēれãĻぞした。 â€Ļ

ã„ãĄã”ã‚ŋãƒĢト

č‡Ēåˆ†ãŽãĄã„ã•ã•ã‚’æ”šã‚ãĻ感じた1æ—Ĩでした。 ああこんãĒところでį•™ãžãŖãĻいãĻいいぎか。 ã‚ãŸã—ãžã ãžã æˆé•ˇã§ãã‚‹ã‚ˆã­ã€č‡Ē分ãĢč¨€ã„čžã‹ã›ãĻ掋りぎ時間を大äē‹ãĢしたいです。 ãĒんだか恋したい気分です。 恋愛じゃãĒくãĻもį´ æ•ĩãĒįĩĩだとかかわいいã‚ĸクã‚ģã‚ĩãƒĒãƒŧやâ€Ļ

čŧĒåŗļ

台éĸ¨ãŒæŽĨčŋ‘し大雨ぎåŊąéŸŋで、帰りぎé›ģčģŠã¯æŠ˜ã‚Ščŋ”し運čģĸãĢãĒãŖãĻいãĻãĒかãĒか帰厅できぞせんでした。 靴ぎ中はæ´Ē水だし、クロッキãƒŧå¸ŗはãŗしょæŋĄã‚Œã ã—で憂éŦąãĒ気分です。 åĄžį”Ÿã¯ãģとんおäŧ‘んでいるし。 やる気がãĒいäēēをãŋると攞ãŖãĻおけばいいぎãĢãĒんだかイâ€Ļ

かãŋ

暑いですね。夏だ。 äŊ“č‚˛ã¯äģŠæ—Ĩã‹ã‚‰ãƒã‚šã‚ąã ãŖたぎですが、äŊ“č‚˛é¤¨ã¯č’¸ã—æš‘ããĻã‚ˇãƒŖワãƒŧをæĩ´ãŗたようãĢæą—ã‚’ã‹ããžã—ãŸã€‚ã“ã‚“ãĒãĢæą—ã‚’ã‹ã„ãŸãŽã¯åˆã‚ãĻかもしれãĒい。 こんãĒãĢキツいぎがこれからįļšãã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã¨ãŠãŖとį–˛ã‚ŒãŒâ€Ļ äģŠæ—Ĩからå­Ļæ ĄãŽå›ŗ書館â€Ļ

フナッペ

äģŠæ—Ĩã‚‚åĄžãŒãĒいぎでぎんãŗりしãĻいぞす。 ああねむい、おãĒかいãŖãąã„ã ã€‚ 授æĨ­ã§ãŽčŖ¸åŠĻãƒĸデãƒĢさんがį´°ã™ãŽãĻ銚きぞした。 魅力įš„ãĒ肉ãĨきぎåĨŗ性ぎįĩĩばかりčĻ‹ãĻいたぎでč‡Ē分もそういうäēēを描くとずãŖと思ãŖãĻいぞした。 į´°ã™ãŽãĻé›Ŗしい。 わたしもあれくらいâ€Ļ

ãĢわとり

éĢ˜æ Ąį”Ÿæ´ģ最垌ぎįƒæŠ€å¤§äŧšã€įĩæžœã¯2äŊã§ã—た。 įŦŦ1čŠĻ合とįŦŦ2čŠĻåˆã¯å‹ãĄã€æąē勝では初めãĢあたãŖたチãƒŧムと再ãŗæˆĻうことãĢãĒりぞした。 バãƒŦãƒŧ部つよすぎる。 č˛ ã‘ãĻしぞいぞしたが1回į›Žã‚ˆã‚Šæąē勝æˆĻぎ斚がいいčŠĻ合ができたぎでマãƒĢだãŖたと思いぞす。 ã‚ĸイ゚もéŖŸâ€Ļ

クãƒĒã‚ĸ

äģŠæœã¯é›¨ãŒé™ãŖãĻいぞしたが、įƒæŠ€å¤§äŧšã¯æąēčĄŒã•ã‚Œã€æ˜ŧ前ãĢはįœŠã—いくらい晴れãĻいぞした。 ああ、明æ—ĨぎįŦŦ1čŠĻ合が勝ãĻればもうãĒんでもいい。 小さãĒåžŠčŽã§ã™ã€‚å…ĢつåŊ“たりです。ただぎわがぞぞです。 åĄžã§ã¯åˆã‚ãĻぎ構成デッã‚ĩãƒŗはįĩ‚わり、įĩæ§‹čŠ•äžĄãŒéĢ˜ã‹ãŖâ€Ļ

ぞわわ

č’¸ã—æš‘ã„æ—Ĩがįļšããžã™ã­ã€‚ 暑いだけでäŊ“力がåĨĒわれるぎで、毎æ—Ĩへとへとです。įœ ããĻだるくãĻäģ•æ–šãĒい。 äģŠæ—Ĩは授æĨ­ã§čŖŊäŊœã—ãĻã„ã‚‹æ˛šåŊŠãŽčŦ›čŠ•ãŒã‚りぞした。 わたしぎįĩĩãĢは一į›ŽčĻ‹ãŸã ã‘でグッとくるåŧˇã•ãŒãĒいぎでīŧˆã¨ã‚ãŸã—は思ãŖãĻいるけお、きãŖと先į”Ÿæ–šâ€Ļ

こねこ

äģŠæ—Ĩはį”¨äē‹īŧŸãŒã‚ãŖãĻã‚ĸトãƒĒエãĢも掋らずãĢ帰ãŖãĻきぞした。 旊く寝よう。せãŖかくだし。 昨æ—ĨæąäēŦã¸čĄŒãŖãŸã¨ã‚‚ã ãĄã‹ã‚‰ã‚­ãƒĢフェボãƒŗぎį´…čŒļクッキãƒŧã‚’č˛°ã„ãžã—ãŸã€‚åŦ‰ã—い。 䚅しãļりãĢéŖŸãšã‚‹ã€‚ああすごくįžŽå‘ŗしい。 ã¯ã‚„ãæąäēŦãĢäŊã‚“でお金į¨ŧã„ã§ã‚ąãƒŧキéŖŸãšâ€Ļ

ãƒĒップ

䚅しãļりãĢæš¯čˆšãĢつかれãĻãã‚‚ãĄã‚ˆã‹ãŖたです。į–˛ã‚ŒãŒãŠãŖとå‡ēãĻきぞした。 äģŠæ—Ĩã¯č—å¤§ãŽå…ĨčŠĻčĒŦ明äŧšã§ã¨ã‚‚ã ãĄã¯æąäēŦã¸čĄŒãŖãĻãŠã‚Šã€åĄžãĢãģãŧįŸĨり合いがいぞせんでした。ああ、čŊãĄį€ã‹ãĒい。 čĒ˛éĄŒã¯æ˛šåŊŠã§ã€į‰›éĒ¨ã¨é€ čŠąãŽãƒãƒŠãĢã‚ŗãƒŗビãƒŧフぎįŧļがあãŖたりとあâ€Ļ

ã‚ģãƒŗãƒãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢ

だめだめで、č‡Ē分らしくãĒい、遊åŊ“で、į”˜ãŖたれたįĩĩを描いãĻしぞいぞした。 čŊãĄčžŧむčŗ‡æ ŧがãĒいとわかãŖãĻいãĻも、おうしãĻã‚‚æ˛ˆã‚“ã æ°—åˆ†ã§ã™ã€‚č‡ĒæĨ­č‡Ē垗ですね。 æŦĄã¯ã‚¨ãƒŗジãƒŗ全開でいきぞす。

三éĸ鏡

いつかぎブログãĢ書いたようãĢ、『é›Ēå›Ŋ』をčĒ­äē†ã—ぞした。 åŋ™ã—くãĻãĒかãĒかæœŦをčĒ­ã‚ãĒいぎが寂しいです。 å’åą•ãĢå‡ēすįĩĩをおうするかæąēぞらãĒい。 ぞだåŊĸぎãĒいįĩĩを描くキãƒŖãƒŗバ゚äģŖぎためãĢã‚ŽãƒĒã‚ŽãƒĒぞでį¯€į´„する毎æ—Ĩです。 夏äŧ‘ãŋたくさんバイトしãĒããĄã‚ƒâ€Ļ

よおãŋ

äģŠæ—Ĩは、いいことがありぞせん。 いやあãŖたかもしれãĒい。 きãŖとäģŠãžã§ãŽã“とを我æ…ĸできãĒくãĒãŖãĻããŸã‚“ã§ã™ã­ã€‚ã§ã‚‚č˛ ã‘ãŸããĒい。 åĄžã§ãŽæ˛šįĩĩã‚’ã¨ã‚‚ã ãĄãĢč¤’ã‚ãĻもらえぞした。 個äēēįš„ãĢはおうしよう、と思いãĒがらãŧんやり描いãĻいたぎãĢč¤’ã‚ã‚‰ã‚ŒãĻ複â€Ļ

こりこり

éĻ–ã¨č‚ŠãŽå‡ã‚ŠãŒã˛ãŠã„ã§ã™ã€‚ ãĩかãĩかぎおãĩとんでおæ˜ŧãĢ寝たいです。 授æĨ­ã§čŖŊäŊœã—ãĻã„ã‚‹æ˛šįĩĩでčŠĻしãĻãŋたいことを思いきãŖãĻやãŖたぎですが、先į”ŸãĢもぎすごく困惑されぞした。 こんãĒãĢ垌悔しãĻ、しかもæĨずかしいぎは䚅しãļりです。ああ、やらãĒきゃよかâ€Ļ

惰性

世į•Œå˛ãŽæŽˆæĨ­ä¸­ãĢ書いãĻいぞす。 ワãƒĢいですね。 でもäŊ“育ãƒģį´ æã¨įļšã7時間授æĨ­ãŽãŽã“りぎ3時間ãĒんãĻ、įĄé­”ãĢ勝ãĻるわけがありぞせん。 į´Ģ外įˇšãĢåŧąã„ぎでこぎ時期はį‰šãĢãƒ€ãƒĄã§ã™ã€‚ ハイãƒŦベãƒĢãĒéĢ˜æ ĄãĒらåŋ…æ­ģãĢ受けãĻたかもしれぞせんねâ€Ļ帰りたい。 ゚マホâ€Ļ

ä¸‰æ–‡čŠåą…

ãƒ•ã‚ĄãƒŸãƒžãŽãã‚‹ãŋãąã‚“ãŖãĻおいしいですよね。 さãŖきéŖŸãšãŸãŽãĢ、もうéŖŸãšãŸã„。 先回ぎブログãĢ書いたようãĢæĄœå°éĢ˜æ ĄãŽãƒ•ã‚Ąãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŧã¸čĄŒãŖãĻきぞした。 はじめは、ああ始ぞãŖたãĒぁ、同い嚴ぎ服éŖžãŽé“ã‚’é¸ã‚“ã å­ãŸãĄã¯ã“ãŽ3嚴でこんãĒことをčēĢãĢつけâ€Ļ

ã‚ˇãƒĨãƒŧクãƒĒãƒŧム

おうしãĻã‚‚é‡‘æ›œãŽåĄžã¯įœ ããĒりぞす。 äģŠæ—Ĩã¯ãƒŸã‚ąãƒŠãƒŗジェロ4æ—Ĩį›Žã§čŦ›čŠ•ã ãŖたぎですが、äģŠãžã§ãŒä¸čĒŋだãŖたぎもおそらくあり、ぞぁいいと思いぞす ãŽãŠč¨€č‘‰ã‚’é ‚ã‘ãžã—ãŸâ€Ļīŧ äģŠå›žãŽčĒ˛éĄŒã‹ã‚‰æœ¨į‚­ãŽãŋぎデッã‚ĩãƒŗではãĒく、エãƒŗピツとįĩĩåˆˇæ¯›ã‚’äŊŋãŖãĻãŋることãĢしâ€Ļ

į´™ä¸€é‡

éŖŸæŦ˛ã¯ãĒいぎãĢåŖが寂しくãĻついį”˜ã„もぎをéŖŸãšãĻしぞう。 そういえばäģŠæ—Ĩã¯ãŠč“å­ã—ã‹éŖŸãšãĻいãĒいâ€Ļ äģŠæ—ĨぎįžŽčĄ“æĻ‚čĢ–ぎ授æĨ­ã¯ãƒ ã‚ĩãƒ“ãŽæ•™č‚˛åŽŸįŋ’į”ŸãŽæ–šãŒæ‹…åŊ“されãĻいãĻ、ãƒĸチãƒŧフをドロãƒŧイãƒŗグした垌ãĢ針金でそぎãƒĸチãƒŧフをįĩ„ãŋįĢ‹ãĻãĻいくというもぎでした。â€Ļ

ねんおねり抟

äģŠæ—Ĩもいつもおおり、åšŗå‡ĄãĒæ—Ĩでした。 č‡Ēå‹•č˛ŠåŖ˛æŠŸãŖãĻãĒんで千円札しかäŊŋえãĒいぎだろう。ぞあそりゃそうか。 į´ æãŽæŽˆæĨ­ã§ã‚„ãŖãĻいるマãƒĢ゚ぎåŊĸが全į„ļとれãĒくãĻ困ãŖãĻいぞす。ヘãƒĢãƒĄãƒƒãƒˆãŒč‹Ļ手â€Ļ ãĒんだか最čŋ‘クロッキãƒŧもデッã‚ĩãƒŗもåŋ…æ­ģãĢやればやるį¨‹ä¸‹â€Ļ

バナナマフã‚Ŗãƒŗ

äģŠæ—Ĩã¯åĄžãŒãŠäŧ‘ãŋãĒぎで最垌ぞでã‚ĸトãƒĒエãĢ掋ãŖãĻčƒ¸åƒãƒžãƒĢã‚šã‚’æãã€å‚č€ƒæ›¸ã‚’č˛ˇã„ã€ãƒ•ãƒŧドã‚ŗãƒŧトでクロッキãƒŧをしãĻきぞした。 フãƒŧドã‚ŗãƒŧトでクロッキãƒŧãŖãĻいいと思ãŖたんですけお、éŖŸãšã‚‹å‹•äŊœãŖãĻ意外と動きが大きいんですね。というか、æēれるäēēが多い。â€Ļ

å°æ—…čĄŒ

åĄžå¸°ã‚ŠãĢã¨ã‚‚ã ãĄã¨ãŋそらãƒŧめんをéŖŸãšãžã—た。 うん、おいしい。 でも䚅しãļりãĢこãŖãĻりしたごはんをéŖŸãšãŸãŽã§čƒƒãŒãŗãŖくりしãĻいぞす。į—›ã„。 äģŠæ—ĨãŽåĄžã§ãŽčĒ˛éĄŒã¯äēēį‰Šæ˛šåŊŠã€1æ—Ĩで。 1æ—Ĩでäēēį‰ŠãĒんãĻムãƒĒだろīŧãĒんãĻ思ãŖãĻã„ãŸã‘ãŠč€ƒãˆãĻやれば厌成させâ€Ļ

īŧ

たãŖたäģŠæ€ã„ついãĻブログãĒるもぎを初めãĻãŋぞした。 ゆるãƒŧく、マイペãƒŧã‚šãĢ書いãĻいきたい。 äģŠæ—Ĩã¯åĄžãŒãŠäŧ‘ãŋで、こぎ時間ãĢテãƒŦビをãŧんやりčĻ‹ãĒがら夜ごはんをéŖŸãšãĻã„ãžã™ã€‚ä¸æ€č­°ãĒきãļん。 明æ—Ĩã¯čąŠį”°å¸‚įžŽčĄ“館ぎ "æŠŊčąĄãŽåŠ›" をčĻŗãĢいこうと思う。ãƒĸâ€Ļ