🌷

らくがきしたり、さãŧãŖãĻãŋたり。

å°æ—…čĄŒ

 

åĄžå¸°ã‚ŠãĢã¨ã‚‚ã ãĄã¨ãŋそらãƒŧめんをéŖŸãšãžã—た。

うん、おいしい。

でも䚅しãļりãĢこãŖãĻりしたごはんをéŖŸãšãŸãŽã§čƒƒãŒãŗãŖくりしãĻいぞす。į—›ã„。

 

 

äģŠæ—ĨãŽåĄžã§ãŽčĒ˛éĄŒã¯äēēį‰Šæ˛šåŊŠã€1æ—Ĩで。

1æ—Ĩでäēēį‰ŠãĒんãĻムãƒĒだろīŧãĒんãĻ思ãŖãĻã„ãŸã‘ãŠč€ƒãˆãĻやれば厌成させられるぎかもâ€Ļ

äģŠå›žã¯įŸ­æ™‚間でäēēį‰Šæ˛šåŊŠã‚’厌成させる原験と捉えãĻ、č‡Ēåˆ†ã‚’č¨ąã™ã“ã¨ãĢしぞす。

 

 

先æ—Ĩ、čĨŋ加åĨˆå­ã•ã‚“ぎ『īŊ‰ã€ã‚’čĒ­äē†ã—ぞした。

æŦĄãĢãĒãĢをčĒ­ã‚€ã‹čŋˇãŖãĻいたところ、中村文則さんが帯を書いãĻã„ãŸãŽã§ã“ãĄã‚‰ãĢしぞした。

čĨŋ加åĨˆå­ã•ã‚“はテヘナãƒŗį”Ÿãžã‚ŒãĒんですね。ãĒるãģお。

 

感æƒŗというか、ãĒんというか、

やはりåĨŗ性ぎつくるもぎãĢはåĨŗ性らしさがå‡ēãĻくるãĒぁと思ãŖãĻčĒ­ã‚“でいぞした。

ã‚ĸãƒŧãƒˆã§ã‚‚åŒã˜ã“ã¨ãŒč¨€ãˆã‚‹ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚

おきãŖã¨ã™ã‚‹č¨€č‘‰ãŒã‚ãŖたり、åĨŗ性ぎ描くåĨŗæ€§ã ã‹ã‚‰ã“ãå…ąæ„Ÿã§ãã‚‹éƒ¨åˆ†ãŒã‚ãŖたりで、晎æŽĩį”ˇæ€§äŊœåŽļばかりをčĒ­ã‚€ã‚ãŸã—ãĢは新鎎でした。

 

čĒ­æ›¸åĨŊきをかたるぎãĢį´”æ–‡å­Ļぎ最éĢ˜åŗ°ã§ã‚る『é›Ēå›Ŋ』をæœĒだãĢčĒ­ã‚“だことがãĒいぎはæĨずかしいかãĒと思いį„ĻãŖãĻčĒ­ã‚“でいぞす。

äģŠæœˆä¸­ãĢčĒ­ãŋįĩ‚われぞすようãĢâ€Ļ。